TOP > スイングpopについて > スイングpopはいろいろなところに付けられます

スイングpopはいろいろなところに付けられます

スーパーなどで見かけることが多いスイングpopですが、小さいながらも結構目につきやすいです。
しかも、少しの風があることによって本体が動くため、人間の心理上気になってしまい見てしまいます。
しかも、他の製品よりも安く作成することが出来、業者によって異なりますが、直径7cmの丸形の場合では100枚作って6000円前後で作ることが出来ます。
もちろん、用途に応じて違いますが同じデザインのものを大量に作ることで単価を抑えられます。
しかも、設置も簡単で両面テープで貼り付けるだけで完了します。
そして、用紙についても耐水性のあるものが使われているものもあり、屋外などいろいろなところに接地ができるというメリットがあります。
実際に依頼をするときにはホームページに公開しているテンプレートに従って作成をすることで、イメージ通りに仕上げてもらうことができます。



優れた販促効果が期待できるスイングpop

スイングpopの場合、少しの風でもユラユラと揺れるため、多くの人から注目されやすいのが特徴です。
スーパーマーケットやコンビニ、ドラッグストアなど、様々な店舗で活用されており、棚に並べた商品への注目度を高めたい場合には大変有効なアイテムです。
また、カラーやサイズの異なる様々なタイプが存在する他、メッセージを手書きで記入することも可能なので、幅広いシーンにおいて優れた販促効果が期待できます。
スイングpopは、コストパフォーマンスに大変優れている点も魅力で、費用を抑えながら様々なPRを行えるため、宣伝費用を掛けられない小規模な店舗でも気軽に採用できます。
なお、スイングpopは自作も可能ですが、既製品を購入した方が見栄えが良くなる他、制作する手間も省けます。
その際、販促ツールを扱う専門店を利用することで、より魅力的なアイテムをお手頃価格で購入できます。



スイングpopの活用と注文方法

店頭に設置するpopには様々な種類が存在し、目的や場所に合わせて選ぶことが大切です。
転用もひとつのアイデアですが、サイズやデザインのばらつきは逆効果の可能性もありますので、なるべく計画を立ててからの購入が良いでしょう。
例えばコンパクトなスイングpopを設置する場合、風に揺れて利用客の視線をキャッチするタイプであるため、平台の価格表示には適していません。
陳列棚にあるおすすめ商品のアピールに最適であり、大きなpopが設置できない場所で効果を発揮します。
しかし、付けすぎは商品の存在感を薄めてしまうため、セール品やおすすめ商品に限定するべきでしょう。
このほか、スイングpopは丸型や角形の形状が選択できますが、印刷部分はオリジナルデザインも可能です。
通常は業者サイトにテンプレートと入稿窓口が用意され、その場でかんたんに注文が済ませられます。

次の記事へ

PAGE TOP