TOP > スイングpopについて > スイングpopの利用で商品を目立たせる

スイングpopの利用で商品を目立たせる

スーパーやコンビニエンスストアでは多くの商品を取扱っていまして、新商品などお客さんに注目してもらいたい商品は目立つ場所に商品を並べる事に加えて、メーカーの用意したディスプレイなどを用いて注目される様に工夫を行っています。
最近はこれらに加えて効果的な物としてスイングpopを利用するケースが増えています。
これはお客さんがそばを通過した際に起きる風などでユラユラと揺れて、目に留まる様にするディスプレイです。
このスイングpopを作成する際には様々な形やサイズの中から選択を行いまして、印刷する内容についてはインターネットでデータ入力して印刷依頼する事が可能です。
また文字など印刷済の既製品のスイングpopを購入しますとすぐに使用出来ますので、納期なども加味しながら最適な商品を選択してゆく事が大切となります。



販促効果アップが期待できるスイングpop

スイングpopは、商品の陳列棚などに取り付けて顧客へのアピールを行えるため、販促効果の高いアイテムとして人気です。
特に、少しの風でユラユラと揺れて注目を集める点が魅力で、一般的なPOPよりも多くの人の目に留まる可能性があります。
また、費用をあまり掛けずに済む販促方法なので、コストパフォーマンスにも大変優れています。
スイングpopの場合、様々な場所へ手軽に設置できるため、新商品やおすすめ商品などを陳列した棚だけでなく、レジや受付窓口でも多く利用されています。
レジや受付窓口では、順番待ちで長く立ち止まる場合もあるため、商品やサービスなどをPRするには大変効果的です。
なお、スイングpopにはサイズや形状などが異なる様々なタイプが存在するため、設置場所やPR内容などに合わせて最適な物を選択できます。



スイングpopの宣伝効果に関して

商品の宣伝には、様々な方法があります。
近年注目を集めているスイングpopは、名前の通り、広告部分がスイングしているように揺れて、人の目に触れやすくなっています。
店頭で商品の横にスイングpopの宣伝広告を置きます。
飛び出すようになっているので、目に付きやすいです。
popに商品の案内を書けば商品の魅力も伝わり販促効果に繋がります。
popの素材は、紙とプラスチックがあり、長期間掲げているならプラスチックの方が強度があります。
短期間なら、紙でも十分で、コストも抑えることができるでしょう。
紙の場合、人の手に触れるため少しでも強度を上げるべく、表面にpp加工が施されているのがおすすめです。
また、用紙自体に片面だけつるつるしている用紙もあるので、適応しています。
popの形は、丸や四角、三角など自由に選べてデザインの幅も広いのがメリットです。

次の記事へ

PAGE TOP